食事制限や運動といったダイエットをせず痩せる、脂肪溶解注射

脂肪を溶かす仕組み


横っ腹

脂肪溶解注射は、体内の脂肪を溶解させる注射です。脂肪を溶かす薬剤を注入するということに対して、危険性が高いのではないかと不安に思う方もいます。しかし、脂肪溶解注射は安全性が非常に高い施術方法です。どのような仕組みで脂肪を溶解するのかを知って、安心して施術を受けましょう。

メソセラピーで用いられる脂肪溶解注射は、脂肪を溶解する効果がある薬剤を皮下に注入します。この薬剤はどのような薬剤なのでしょうか。多くは、大豆から取られた成分を使用しています。化学物質などで脂肪を溶かすイメージをしている方も多いですが、大豆から自然由来の成分を抽出します。日本人の食卓にもよく登場する大豆であれば馴染みも深く安心感を得ることが出来ます。

大豆から抽出する成分は、レシチン(フォスファチジルコリン)という成分です。この成分は、脂肪細胞内でコレステロール溶解を促進します。それによって、中性脂肪とコレステロールの代謝を活発化させます。その働きで、中性脂肪は遊離脂肪酸となります。遊離脂肪酸となった中性脂肪は血管内の血液に流れ出し、腸管を経て身体の外へと排出されます。

レシチンの他にも様々な成分が含まれている場合もあります。脂肪を燃焼させる効果があるL-カルニチンやアルファリポ酸といった成分を薬剤にブレンドすることがあります。このような成分が多すぎると脂肪を溶解させるレシチンの割合が少なくなるので、即効性が下がってしまいます。高い効果を機体するのであれば、レシチンの配合率が高いクリニックを選びましょう。

ダイエットなどに効果的と言われている、脂肪溶解注射ですが、短時間での施術で体に負担が少なく、簡単に痩せることができるので、人気が高まりつつあります。しかし、脂肪溶解注射に注意すべき点としては、美容外科と言っても色々なところがあるので、美容外科選びには注意した方が良いです。薬剤等に関しても、美容外科によって配合が違うので、どこの美容外科の薬剤が効果があるのかや、安心感があるのかなどは、差があるケースがあります。ある美容外科では、以前に使っていた脂肪溶解注射の薬剤より3倍効果があり、体への負担も少ないものなども開発されているので、インターネットで良く調べて、実際にその美容外科を利用した人の情報などを参考にするのもお勧めです。