食事制限や運動といったダイエットをせず痩せる、脂肪溶解注射

メソセラピーとは


腕が気になる

食事制限や運動などを行わずに脂肪を減らすことが出来る脂肪溶解注射を使用して痩せることを、メソセラピーと言います。メソセラピーは、脂肪を溶かす薬剤を注射で皮下に注入することで痩せるという脂肪除去の治療です。メスなどを用いずに脂肪を除去する方法です。超極細の針で薬剤を注入するため、身体に負担がかかりません。身体の部位によっては、脂肪が落ちやすい部分、落ちにくい部分があります。お腹まわりなどは脂肪がつきやすく落ちにくいと言われています。気になる部分にピンポイントで薬剤を注入することが出来ます。

一口に脂肪の悩みと言っても、様々なものがあります。個人の体型や体質の違いによって、肥満の悩みも変わってきます。例えば、身体の中でも二の腕のたるみが気になるという人もいます。お腹や足などは、衣服で隠すことが出来ます。しかし、二の腕はTシャツを着ると露出してしまう部分です。そのようなことから、二の腕の脂肪を減らしたいと考えている女性は多くいます。また、脂肪の中でも痩せにくい頑固な脂肪をセルライトといいます。セルライトは、身体の老廃物と脂肪が混ざり合った物質です。脂肪は運動などにより燃焼します。しかし、老廃物が混ざったセルライトは燃焼の効率が下がり、痩せにくくなってしまいます。一度身体についてしまったセルライトは燃焼しづらいうえに、身体の表面にボコボコとした凹凸が出来てしまい、審美性を損ねます。このような様々な悩みに対応する事ができるのが脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射を用いたメソセラピーは、軽い負担でこのような悩みを解消する事ができるので多くの女性から支持されています。

脂肪吸引というと切る脂肪吸引、手術で脂肪を取り除くものだというイメージがあります。しかし、最近では脂肪吸引も切らずに済む方法がいくつかあります。脂肪層を破壊するマシンなども生まれています。その中でも確実だと言われているのが脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射とはいったいどのような方法なのか、知らない初めて聞いたという人も多いです。その方法は、脂肪を分解する作用のある薬剤を痩せたい部分に注射し、脂肪の溶解と排出を促す方法です。この方法は、痛みもほとんど無く、体への負担も軽く、施術後は普段通り過ごせます。やはり、体への負担は多くの人が気にするポイントです。体への負担が少ないこの方法は、これからも注目されると予想されます。

脂肪溶解注射に向いているのは部分痩せです。とにかくすぐに体重を20kg程度落としたい、という人にはあまり向いていません。脂肪溶解注射の場合は、速攻性ではなく施術を続けていくうちに効果が表れてきます。一度で効果を期待するのではなく、間を開けながら何度かの施術をしてもらいながら効果が出るのを待ちます。施術の効果をさらに高め、脂肪溶解をスムーズに行わせるために、1日2リットル程度の水分を摂るように心がけると良いと言われています。自分は、切る脂肪吸引が向いているのか、切らない脂肪吸引が向いているのかなども、クリニックでしっかりとカウンセリングをしてもらい自分に合った方法、安心して受けられる方法を選ぶことが大事です。

脂肪溶解注射をしたいと考えている人も、あらかじめインターネットなどで調べて知識をつけておくことで、安心感がある施術ができます。1本あたり、1万円前後で注射をしてくれる美容外科も多いですが、その美容外科によって薬剤の配合なども違うので、インターネットでどこの美容外科が良いのかを調べてから利用するのがお勧めです。脂肪溶解注射は、その字のままで、注射により脂肪を溶かしてくれて、尿として脂肪が緩やかに排出されていくので、体に優しく、リバウンドもしにくいといわれています。メスを使わない方法で、痩せたい部分を効果的に減量できるとしても優れています。注射をするだけという簡単な治療法ですが、1本だけで、完全に痩せるというわけではなく、数回程度は注射をしながら、徐々に痩せていくのが理想です。脂肪溶解注射の今後の動向としては、美容外科も日々進化を遂げており、技術が最新となってきています。海外では脂肪溶解注射で痩身をする事例が多く挙げられており、日本でも海外の技術や成分を取り入れている美容外科が増えているようにです。脂肪を減らす方として、美容外科のホームページなどで多くの方法が記載されていますが、その中でも脂肪溶解注射は安価であり、手軽であることから、今後はさらに脂肪が減りやすい成分を取り入れられ、若い人でも簡単に挑戦する人が増えてくると考えられています。現在、日本では脂肪溶解の成分に、とくに規定がない為、各美容外科によって成分の違いがあるようなので、口コミ等を参考にして選ぶとよいかもしれません。